学会案内 大会 紀要 セミナー 関連学会
『異文化間教育』 第52号

外国人労働者と地域日本語教育

執筆者 タイトル
特集 神吉宇一 国内における地域日本語教育の制度設計
―日本語教育の推進に関する法律の成立を踏まえた課題―
児島 明 地域日本語教育を誰が担うのか
―ブラジル系移民第二世代の日本語習得とその後―
棚田洋平 大阪における「識字・日本語」教育の展開
―人権を基盤とする教育保障の取り組み―
研究論文 坪田光平 外国人非集住地域におけるマイノリティ支援の制度化過程
―秋田のボランティア団体の事例から―
郷司寿朗 外国人留学生の就職活動を通じた社会統合
王 笑桜 「外国につながる子ども」の就学前後の接続に関する一考察
―5歳児担当の保育者への質問紙調査結果の分析を中心に―
実践報告 青木香代子 大学における社会正義のための教育にむけた試み
―特権性と抑圧の理解の授業実践を通して―
調査報告 平田史織 地域日本語教室における漢字学習支援の現状と課題
書評 野山 広 『多文化社会に生きる子どもの教育
―外国人の子ども、海外で学ぶ子どもの現状と課題―』
佐藤郡衛著/明石書店
照山絢子 『知的障害教育の場とグレーゾーンの子どもたち
―インクルーシブ社会への教育学―』
堤 英俊著/東京大学出版会
文献・図書紹介 芝野淳一 『移民から教育を考える
―子どもたちをとりまくグローバル時代の課題―』
額賀美紗子・芝野淳一・三浦綾希子編著/ナカニシヤ出版
榎井 縁 とよなか国際交流協会編『外国人と共生する地域づくり
―大阪・豊中の実践から見えてきたもの―』
公益財団法人とよなか国際交流協会編集 牧里毎治監修/明石書店

※旧字体による氏名は、やむを得ず新字体で表記させて頂く場合があります。

紀要の購入、定期購読のご注文について

▲TOP