学会案内 大会 紀要 セミナー 関連学会
『異文化間教育』 第43号

特集:異文化間教育学における実践・現場への接近法
―現場へのまなざしを研究行動へ展開する―

執筆者 タイトル
学会創立35周年記念事業報告 加賀美常美代 温故知新―学会の未来に向けて―
星野 命 異文化間教育学会発足後35年間の回顧と所感
中西 晃 学会発展の喜びと将来への希望
箕浦康子 会員へのメッセージ―科学的研究なるものは存在するのか?―
特定課題研究 齋藤ひろみ・見世千賀子・佐藤郡衛・野山 広・浜田麻里 異文化間教育学における実践・現場への接近法
―現場へのまなざしを研究行動へ展開する―
岸 磨貴子 実践のデザイナーとしての現場・実践への接近法
―海外フィールドワークを事例として―
内田千春 研究を通して幼児教育に関わる自分の立ち位置を見つめる
―学ぶ立場からアドバイザーへ―
南浦涼介 「実践を研究として書く」ということの意味
野津隆志 現場生成型の異文化間教育学研究の可能性
―現場に根ざし変革を追求する研究とは―
公開シンポジウム 新倉涼子 教師のエンパワーメントを考える
―外国につながる子どもたちを含めた教室・学校づくりのために―
研究論文 芝野淳一 国境を越える移動実践としての進路選択
―グアムに住む日本人高校生の存在論的移動性に着目して―
研究ノート 中井好男 訪日後日本語研修時におけるフィリピン人介護福祉士候補者の ソーシャル・サポート・ネットワーク
書評 園山大祐 『多文化共生社会におけるESD・市民教育』
田中治彦・杉村美紀・上智大学出版編/ぎょうせい
田中共子 『21世紀型スキルとは何か
―コンピテンシーに基づく教育改革の国際比較―』
松尾知明著/明石書店
渋谷真樹 『ニューカマーの子どもと移民コミュニティ
―第二世代のエスニックアイデンティティ―』
三浦綾希子著/勁草書房
異文化間教育 文献目録 43 見世千賀子・齋藤ひろみ

※旧字体による氏名は、やむを得ず新字体で表記させて頂く場合があります。

紀要の購入、定期購読のご注文について

▲TOP