学会案内 大会 紀要 セミナー 関連学会

公募情報

桜美林大学 日本語非常勤講師公募

桜美林大学では、留学生等を対象とする「日本語」授業担当の非常勤講師を公募していま す。

◆公募人員:若干名

◆公募所属:基盤教育

◆専門分野:第二言語・外国語としての日本語教育

◆仕事内容:
留学生等対象の「日本語」授業担当

  1. A. 主に学群生(学部生にあたる)を対象としたクラス、B. 主に提携校からの交換留学 生を対象としたクラス、など
  2. 担当予定コマ数:週1コマ〜6コマ(予定)
  3. 授業準備および授業後の採点、連絡等、授業運営に必要な業務
  4. 年に数回の教員ミーティングへの参加
  5. 年に数回のクラス分けテストへの協力

【勤務地住所】
勤務地は以下のいずれか、または複数のキャンパスになります。
〒194-0294 東京都町田市常盤町3758(町田キャンパス)
〒252-0206 神奈川県相模原市中央区淵野辺4-16-1(PFC)
〒169-0073 東京都新宿区百人町3丁目23-1番 (新宿キャンパス)※2019年4月開設

◆応募資格:
以下の(1) 〜(9)すべてを満たすこと

  1. 日本語教育、言語教育または、応用言語学の分野において修士の学位(外国におい て授与されたこれに相当する学位を含む)を有する方
  2. 大学レベルの学習者を対象とした日本語教育の教歴を有する方(3年以上の教歴があ ることが望ましい)
  3. 留学生教育に熱意を持って取り組める方
  4. 言語の学習、教育を社会・心理・教育の視点から幅広く捉えられる方
  5. コーディネーターの下で他の教員と協力的に作業ができ、教員ミーティング、クラス 分けテスト等の関連業務に参加できる方
  6. コンピュータの操作(ワード、エクセル、パワーポイント、基本的なWeb閲覧の操作 等)の能力を有する方
  7. 月〜金曜日のいずれか1日または2日以上勤務できる方
  8. キリスト者またはキリスト教主義教育に理解がある方
  9. 本学の建学の精神、教育理念に賛同し、熱意を持って取り組める方

◆着任時期:2019年4月1日

◆提出書類:
以下の応募書類は日本語の記載によるものとします(海外の勤務先など固有名詞は原語に よる表記、あるいは日本語と原語表記の併記とすること)。

@
履歴書(6か月以内に撮影した写真貼付、捺印)
注:本学より問い合わせをする場合がありますので、電話番号およびEメールアドレスを 必ず記入してください。
A
研究業績一覧、日本語教育歴(主要業績3点には200-300字程度の説明をつけること。教育歴は対象・レベルを明記のこと)
B
勤務地(キャンパス)についての条件の有無と、あればその内容を記した書類
C
2019年度春学期および秋学期に出講可能な曜日・時間帯を記した書類(必要に応じキャンパスの別がわかるように)
D
志望の動機および日本語教育・授業実践に関する考え方を記したもの。担当希望分野あるいは得意分野があれば記し、当該分野に関する考え方も含めること。(A4判1枚)
E
応募者に関して照会できる方2名の氏名・所属・連絡先

【書類送付先】
〒194-0294 東京都町田市常盤町3758 学而館1階
桜美林大学 基盤教育 非常勤講師採用係
注1:封筒の表面に「日本語非常勤講師応募書類在中」と朱書きし、簡易書留またはレタ ーパックプラスで郵送してください。
注2:提出書類は一切返却いたしません。
注3:応募についての秘密は厳守いたします。

【選考内容】
一次審査:書類審査
二次審査:面接及び模擬授業
※一次審査合格者には二次審査の詳細をEメールにて通知いたします。
※二次審査は2019年1月末までのいずれか一日を予定しております。
※面接等のため、来校する際の交通費等は自己負担とします。
※審査の合否通知は原則、郵送にて送付しますが、場合によりEメールを使用することも あります。

◆応募締切:2018年11月15日(郵送必着のこと)

◆問い合わせ先:
桜美林大学 基盤教育 非常勤講師採用係
E-mail:kibanj@obirin.ac.jp

◆ホームページアドレス:
https://www.obirin.jp/recruit/

▲TOP