学会案内 大会 紀要 セミナー 関連学会
第20回異文化間教育学会研修会のお知らせ
研修テーマ 「在日イスラム教徒の日常とその多様性を学ぶ」
概要  世界中でイスラム教徒が増える中、アジアのイスラム教徒の数もまた増えています。中近東の宗教と考えられがちなイスラム教ですが、インドネシアを初めとしてアジアでもまた多く信仰されています。過激派組織ISによりイスラム教のイメージがダウンする一方、インバウンドのイスラム教徒の旅行者に対する百貨店やホテルを中心に、ハラールフードの準備や礼拝所設置等が注目されています。また日本国内のイスラム教徒の数も10万人を超えるとも言われ、80を超えるモスクが北海道から沖縄まで作られています。この隣人たるイスラム教徒の対する我々の知識は決して多いとは言えません。
 預言者と予言者、新約聖書と新訳聖書の違い等々、日本にいる我々はキリスト教やイスラム教徒等の宗教の違いに関して十分な注意を払っていません。また明治維新以降、イスラム社会を見る目は西洋の価値観を通してのものとなり、我々はありのままのイスラム教徒に接することが少なくなったとも言われています。
 この近しきアジアの隣人をより良く理解する為、イスラム教とイスラム教徒が日本国内で抱える課題や問題点を、オスマン様式の非常に美しいモスクでもある東京ジャーミイにて信者の方から直接お話を伺い、単に「イスラム」と一括りには出来ない文化の在り方に触れ、その多様性に理解を深めたいと考えております。西洋でも東洋でもないイスラム社会という視点から我々に何が見えてくるのか、イスラム文化の日本への影響も考えつつ、異文化理解の一助として頂ければ幸いです。
 今回は参加者の素朴な疑問に信者の方にお答え頂きながらの研修会になります。施設・礼拝見学の時間やトルココーヒーを召し上がって頂く休憩時間もございます。どうぞお気軽に御参加下さい。
日時 2016年12月3日(土)13:00〜16:00まで(予定)
集合場所 東京ジャーミイ・トルコ文化センター 東京都渋谷区大山町1−19
プログラム a)在日イスラム教徒によるお話し:第1部
b)施設や礼拝の見学とトルココーヒーを飲みながらの休憩
a)在日イスラム教徒によるお話し:第2部
c)参加者からの質疑応答a)施設や礼拝の見学
定員 募集人数:50名(定員に達し次第、受付を終了いたします)
参加の際には、男女とも肌の露出はお控え下さい。モスク2Fではスカーフやガウン等の貸し出しを行っております。
モスク2Fにて礼拝見学を、モスク1Fにて研修と質疑応答を行います。
参加費 参加費:1,000円(会員)、2,000円(非会員)
*トルココーヒー代込みです。
お申し込み ■お申し込み方法
以下の学会第20回研修会宛に、お名前・ご所属・会員/非会員をご記入の上、メールでお申し込みください。折り返し、お返事を致します。
■お申込み先
第20回研修会申し込みメールアドレス:omiju2@hotmail.com
(担当:企画交流委員会 大味 潤)
▲TOP