学会案内 大会 紀要 セミナー 関連学会
第19回異文化間教育学会研修会のお知らせ
研修テーマ 「日本最初のモスクでイスラム教を学ぶ」
概要  世界には、イスラム教を信仰している人が約15億人もいると言われています。日本でもイスラム教徒が増え、イスラム圏からの観光客も増えたことから、ラマダンの習慣やハラールフードなどが注目を集めています。現在、イスラム教は世界経済や世界情勢において、圧倒的な存在感を持ちながらも、私たちの多くはイスラム社会や宗教文化について、知識を持ち合わせていません。彼らはどのような世界観を共有し、どんな文化価値を持っているのでしょうか。そして、日本に住むイスラム教徒は、私たち日本人にどのような理解を求めているのでしょうか。今回の研修では、身近に、そして深くイスラム教に関わる世界の動きを学ぶ機会を持つことを目指しています。
 今回訪問する神戸ムスリムモスクは、1935年に建てられた日本で最初のモスクで、神戸のみならず、大阪からも多くのイスラム教徒が訪れています。研修では、来日40年を越える新井アハサン氏(モスク理事長)を講師に迎え、モスクの歴史、イスラム教の歴史、そして地域とのかかわりについてお話をしていただきます。
日時 2016年10月8日(土)11時00分〜14時30分ごろまで(予定)
集合場所 神戸ムスリムモスク 兵庫県神戸市中央区中山手通2-25-14
*礼拝からの参加者は、12:00に神戸ムスリムモスク入口に集合してください。ただし、礼拝時刻は日によって異なるため、前後することがあります(参加者には連絡いたします)。
プログラム  11:00〜12:00 パキスタンレストラン 「ナーン イン」にて、食事(希望者のみ)
*12:15〜12:45 礼拝の見学
 13:00〜14:00 新井アハサン氏(神戸ムスリムモスク理事) 講話
 14:00〜14:30 質疑応答  終了 
定員 募集人数:30名(定員に達し次第、受付を終了いたします)
レストランの席数は、20名程度ですが、モスクは30人程度、入ることができます。
申し込みの際、①昼食から参加するか②祈りの時間から参加するか、お伝えください。
見学の際、肌の露出(半ズボン、ミニスカート等)の方は入館できませんので、ご注意下さい。
モスクには椅子と机がなく、車座で講話を聞きます(パワーポイント等を用いて資料をもとに講義を聞くという形式ではありません。できるだけ普段のモスクの様子を保つ予定ですので、ご了承下さい。
参加費 参加費:1,000円(会員)、2,000円(非会員)  (昼食は実費)
お申し込み ■お申し込み方法
以下の学会第19回研修会宛に、お名前・ご所属・会員/非会員をご記入の上、メールでお申し込みください。折り返し、お返事を致します。
■お申込み先
第19回研修会申し込みメールアドレス:inui@shse.u-hyogo.ac.j
(担当:企画・交流委員会 乾 美紀)
▲TOP