学会案内 大会 紀要 セミナー 関連学会
第18回異文化間教育学会研修会のお知らせ
研修テーマ 「英国の初等教育における演劇(英国ドラマ教育の理論)を導入した異文化理解教育」
概要  近年、英国の初等学校ではアジアに繋がる生徒の数が増加しており、英国の教師は、そうした生徒のことを考慮に入れて異文化理解教育の授業を実施することが必要となっています。このような授業のなかで、演劇は、児童が身体を通して異文化に対する理解を深めるとともに、異なる文化に属する級友とともに「よい社会とはどういうものか」を模索するために活用されています。
 本研修では、英国の初等教育における外国語教育政策とその一部をなす異文化理解教育の現状について解説し、続いて英国の初等教育の教師が、アジア(中国)をテーマとした異文化理解教育の授業のなかで演劇をどのように使用しているのかを紹介します。そして、演劇の如何なる側面(技法・理論)が異文化理解教育に有効なのかを検討していきます。
講師 飛田 勘文(ひだ のりふみ)氏(桐朋学園芸術短期大学)
桐朋学園芸術短期大学演劇専攻非常勤講師。2004年に演劇教育と児童青少年演劇の専門知識・技術を修得する目的で渡英する。英国ウォーリック大学教育学部のPh.D in Arts Educationにて、ジョナサン・ニーランズ教授に師事し、演劇教育の理論と実践について学ぶ。英国ローズ・ブルフォード・カレッジの助教を経て2015年3月に帰国し、現職に就く。
日時 2016年1月30日(土)13:00〜17:00ごろ(受付は12:45〜)
場所 駒澤大学駒沢キャンパス第二研究館1階102教場
田園都市線「駒沢大学駅」下車、徒歩10分 (急行は停車いたしません)
https://www.komazawa-u.ac.jp/access/ (交通アクセス)
https://www.komazawa-u.ac.jp/facilities/campus/komazawa.html (駒澤キャンパス)
プログラム 13:00〜14:15 講義「英国の初等教育における外国語教育、異文化理解教育、ドラマ教育の現状」
14:15〜14:30 休憩
14:30〜16:15 ワークショップ「英国の初等教育におけるドラマ教育を体験する」
16:15〜16:30 休憩
16:30〜17:00 ワークショップの振り返り
定員 20名(定員に達し次第、受付を終了いたします)
参加費 会員―無料(多文化系学会連携学会員を含む)
非会員―1,000円
お申し込み ■お申し込み方法
下記の学会第18回研修会専用メールアドレスに、お名前・ご所属・会員/非会員をご記入の上、メールでお申し込みください。折り返し、参加の詳細をご連絡いたします。
■お申込み先
第18回研修会 連絡メールアドレス:frynrak@aoni.waseda.jp
(担当:企画・交流委員会 古屋 憲章)
▲TOP