学会案内 大会 紀要 セミナー 関連学会

多文化系学会連携事業
(異文化間教育学会・日本語教育学会・日本コミュニティ心理学会・日本学校教育学会)
「地域と学校の連携―多文化共生を担う人づくり その可能性と課題―」のご案内

多文化系学会連携協議会 横田 雅弘

異文化間教育学会、コミュニティ心理学会、日本語教育学会、日本学校教育学会は。多文化共生を担う人づくり」をテーマに明治大学、北海学園大学、立教大学、慶應義塾大学などを会場に、連携した研究を推進してきました。今年度は、日本学校教育学会大会において研究会を開催いたします。奮ってご参加ください。

 

■概要

テーマ 「地域と学校の連携―多文化共生を担う人づくり その可能性と課題―」
趣旨  「地域と学校の連携」は、その必要性に異議を唱える者はいないものの、実際の連携にはさまざまな問題が内在し、連携の推進に困難を抱えている地域や学校も少なくない。そこにはいくつもの問題が存在すると考えられるが、その一つとして、学校は内向き志向が強く、外部の人間が学校に入ることを忌避する傾向を有しているという点があげられる。また、地域においても、近年、家庭環境の悪化や外国籍住民の急増などにより、地域自体のあり方が再考を迫られている。さらに、2011年の東北地方太平洋沖地震は、地域や学校そのものが崩壊の危機にさらされるという未曽有の危機をもたらした。
 こうした背景を踏まえ、今回の企画では、「地域と学校の連携―多文化共生を担う人づくり その可能性と課題―」をテーマとし、このテーマに即した実践事例の報告に基づき、4学会の各代表から意見を述べてもらうとともに、フロアとの交流を通して、これからの「地域と学校の連携」における可能性と課題について検討していきたい。現時点で実践事例として、第一に、「鈴鹿方式」という三重県鈴鹿市における日本語コーディネーターと公立小学校の教師たちとの連携事業の事例を、第二に、東北地方における、地域・学校・外部協力者の連携による復興の事例を報告する。これらの具体的な事例に基づき、日本学校教育学会、日本語教育学会、日本コミュニティ心理学会、異文化間教育学会の多様な視点から検討を行うことで、多文化共生を担う人づくりを視野に入れた「地域と学校の連携」というテーマについて、フロアのみなさんとともに議論を深めていきたいと考えている。 。
日時 2014年8月9日(土)9:00〜11:50
場所 仙台大学 東北線船岡 徒歩15分
 〒989-1693
 宮城県柴田郡柴田町船岡南二丁目2番18号
●仙台大学キャンパスアクセスマップ
 http://www.sendaidaigaku.jp/about/access.html
司会進行 北田 佳子(埼玉大学)・黒田 友紀(日本大学)
報告者 川上 郁雄(早稲田大学)
佐々木 幸寿(東京学芸大学)
指定討論者 中川 祐治 (福島大学・異文化間教育学会)
野山 広 (国立国語研究所・日本語教育学会)
菅井 裕行 (宮城教育大学・コミュニティ心理学会)
和井田 清司 (武蔵大学・日本学校教育学会)
プログラム 【プログラム内容】
9:00- 開会
挨拶   横田雅弘(明治大学・異文化間教育学会)
企画趣旨 多田孝志(目白大学・日本学校教育学会)
9:10- 報告T   川上 郁雄(早稲田大学)
9:55- 報告U   佐々木 幸寿(東京学芸大学)
10:20-  指定討論者からのコメント
 中川 祐治(福島大学・異文化間教育学会)
 野山 広(国立国語研究所・日本語教育学会)
 菅井 裕行 (宮城教育大学・日本コミュニティ心理学会)
 和井田 清司(武蔵大学・日本学校教育学会)
11:00- ディスカッション
指定討論者へのリアクション、フロアとの意見交換
11:45- クロージング
11:50- 終了
参加費 多文化系学会連携協議会企画だけの場合には無料。
(それ以外の催しの参加希望者は、別途、参加費が必要になります。)
お問い合わせ先 異文化間教育学会事務局:Email: iesj@tmu.ac.jp


異文化間教育学会 4学会連携事業
(異文化間教育学会・日本語教育学会・日本コミュニティ心理学会・日本学校教育学会)
「ワールドカフェで考えよう―多文化社会における居場所づくり」のご案内

理事長 横田 雅弘

昨年度より、異文化間教育学会・日本語教育学会・日本コミュニティ心理学会・日本学校教育学会による4学会連携事業が始まり、多文化社会を担う人材育成を目的とした様々な研修会を4学会で継続的に実施しています。この研修が皆様のネットワーキングの機会になれば幸いです。奮ってご応募ください。

 

■概要

テーマ 「ワールドカフェで考えよう―多文化社会における居場所づくり」
趣旨 第2回目は、日本コミュニティ心理学会国際交流委員会企画として、2013年度日本コミュニティ心理学会大会ワークショップの中で研修会を行います。今回も4学会の会員を20名ずつ募り、「多文化社会における居場所づくり」をテーマとし、「ワールドカフェ」を用いた対話型研修会を行います。参加者の皆様には、学校、地域などのコミュニティの中で居場所づくりのきっかけとなるように、自由な対話から生まれる新しいアイデアや情報の共有、日頃の研究・教育活動の内省を深めていただけたらと思います。
日時 2013年7月13日(土)14:00〜17:30 (受付開始13:30〜)
場所 慶應義塾大学日吉キャンパス 協生館
(当日は大会の受付で「学会連携事業の参加」とお伝えください。)
〒223-8526 横浜市港北区日吉4−1−1
●慶應大学日吉キャンパスアクセスマップ
http://www.keio.ac.jp/ja/access/index.html
●慶應大学日吉キャンパス協生館マップ
http://www.hc.keio.ac.jp/ja/hiyoshi_campus/guide/
ファシリテーター 工藤和宏(獨協大学外国語学部専任講師)
参加対象 異文化間教育学会、日本語教育学会、日本コミュニティ心理学会、日本学校教育学会の会員
参加申し込み 異文化間教育学会事務局宛にメールにてお申し込みください。
お名前・ご所属・メールアドレスをご記入ください。
申し込み後、「参加申込受付完了」のメールを事務局より送信いたします。
異文化間教育学会事務局:Email: iesj@komazawa-u.ac.jp
参加費 ワークショップ参加だけの場合には無料。
(それ以外の催しの参加希望者は、別途、参加費が必要になります。)
定員 80名(各学会より20名ずつ) *定員になり次第締め切らせていただきます。
プログラム
13:30- 受付開始
14:00-14:10 主催者挨拶
14:10-16:20 「ワールドカフェ」による意見交換・質疑応答
(15:30-15:40 休憩)
16:30-17:30 懇親会 *美味しいお茶菓子をご用意いたします。
お問い合わせ先 異文化間教育学会事務局

* 本研修会のDVDは、2013年度公文国際奨学財団からの研究助成金により作成されます。


異文化間教育学会 4学会連携事業
「ワールドカフェで考えよう―多文化社会を担う人材とは」のご案内

理事長 横田 雅弘

2012年度より、異文化間教育学会・日本語教育学会・日本コミュニティ心理学会・日本学校教育学会による4学会連携事業が始動いたしました。今後は、多文化社会を担う人材育成を目的とした様々な研修会を4学会で継続的に実施します。この研修が皆様のネットワーキングの機会になれば幸いです。奮ってご応募ください。

 

■概要

テーマ 「ワールドカフェで考えよう―多文化社会を担う人材とは」
趣旨 第1回目となる今回は、4学会の会員を20名ずつ募り「多文化社会を担う人材とは」をテーマとした「ワールドカフェ」を用いた対話型研修会を行います。参加者の皆様には、自由な対話から生まれる新しいアイデアや情報の共有、さらには日頃の研究・教育活動の内省を深めていただけたらと思います。
日時 2013年2月24日(日)14:00〜16:30 (受付開始13:30〜)
場所 立教大学池袋キャンパス・太刀川記念会館多目的ホール
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
●立教大学アクセスマップ
  http://www2.rikkyo.ac.jp/~koho/univ_data/accessmap/
●立教大学キャンパスマップ
  http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
ファシリテーター ファシリテーター:工藤和宏(獨協大学外国語学部専任講師)
参加対象 異文化間教育学会、日本語教育学会、日本コミュニティ心理学会、日本学校教育学会の会員
参加申し込み 異文化間教育学会事務局宛にメールにてお申し込みください。
お名前・ご所属・メールアドレスをご記入ください。申し込み後、「参加申込受付完了」のメールを事務局より送信いたします。
異文化間教育学会事務局:Email : iesj@komazawa-u.ac.jp
参加費 無料
定員 80名(各学会より20名ずつ) *定員に達しました。
プログラム 【プログラム内容】
13:30-      受付開始
14:00-14:10   趣旨説明
14:10-16:20   「ワールドカフェ」による意見交換・質疑応答
(15:10-15:25  休憩)
16:30-17:30   懇親会 *美味しいお茶菓子をご用意いたします。
お問い合わせ先 異文化間教育学会事務局

* 本研修会は、2012年度公文国際奨学財団からの研究助成金により運営されます。
▲TOP


異文化間教育学会 4学会連携事業
「多文化社会を担う人材育成をコアとする学会連携の可能性」 のご案内

理事長 横田 雅弘
2011年11月23日に開催いたしました4学会連携公開シンポジウムを今年度も引き続き、4学会連携発表「多文化社会を担う人材育成をコアとした学会連携の可能性」を日本語教育学会秋季大会「特別企画パネルセッション」として以下のように開催することになりました。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

■概要

テーマ 「多文化社会を担う人材育成をコアとする学会連携の可能性」
パネルディスカション要旨(PDF形式 ダウンロード)
趣旨 「2011年11月に「多文化社会を担う人づくり」をテーマとして,異文化間教育学会,日本国際理解教育学会,日本コミュニティ心理学会,日本語教育学会の連携シンポジウムが行われた。今回のパネルは,日本国際理解教育学会に代わって,日本学校教育学会が加わった4学会の代表者による二弾目の企画である。今回は第一弾の議論をさらに深めていきたい。具体的には,各学会が多文化の「文化」をどのようにとらえ,多文化社会の「社会」をどのように構想し,多文化社会を担う「人材」像をどのように描き,実際どのような社会実践を行っているのか,それぞれの学会の立場から述べる。とりわけ今回の主題である人材育成に関して,各学会が,どのような立場の人たちに,どのような能力をどのようにして育成するのか,争点を提示し議論を深めたい。
日時 2012年10月13日(土) 13:00-15:00
場所 北海学園大学豊平キャンパス
会場 5号館6階 60番教室

■新千歳空港から〈電車利用〉
 JR新千歳空港《JR快速エアポート》→地下鉄さっぽろ《札幌市営東豊線》
 →学園前(北海学園大学直結)
■バス利用
 ANA/JALの到着に合わせて札幌市内までのバスが運行しています。
■タクシー利用
 ・金星自動車株式会社 011-881-8801
 ・平岸ハイヤー株式会社 011-831-8111
アクセスマップ http://hgu.jp/access/
司会・パネリスト 【司会】
春原憲一郎 日本語教育学会 (財団法人海外産業人材育成協会)

【パネリスト】
門倉正美 日本語教育学会 副会長 (横浜国立大学)
多田孝志 日本学校教育学会 会長 (目白大学)
箕口雅博 日本コミュニティ心理学会 副会長 (立教大学)
横田雅弘 異文化間教育学会 会長  (明治大学)
参加費 一般5,000円 (日本語教育学会会員 4,000円)
参加申し込み 大会当日受付にて申し込み(3号館)
プログラム http://www.nkg.or.jp/taikai/12autumnprogram.pdf
お問い合わせ先 異文化間教育学会事務局
▲TOP


異文化間教育学会 創立30周年記念事業 4学会連携公開シンポジウム
「多文化社会を担う人づくり〜学会連携への期待〜」のご案内

30周年記念事業実行委員長 横田 雅弘

 2011年3月11日に予定しておりました30周年記念イベントは、震災のために延期となり、以下のように新たに開催することになりました。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

■概要

テーマ 「多文化社会を担う人づくり〜学会連携への期待〜」
趣旨 「多文化社会の人づくり」 をテーマに学会が連携し、社会貢献を実現する。
日時 2011年11月23日(水・祝日)
公開シンポジウム: 13:00-17:00 (受付開始 12:30)
場所 明治大学駿河台キャンパス リバティタワー1F リバティホール
  • JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
  • 東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
  • 都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩6分
アクセスマップ http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
基調講演 「時代の変革を担う社会起業家の育成〜被災地での新たな担い手育成〜」
山内幸治 氏 NPO法人ETIC 事業統括ディレクター
川崎克寛 氏 つなプロ (被災者をNPOとつなげて支える合同プロジェクト)
                気仙沼エリアマネージャー
パネルディスカッション

I 「学会の社会貢献と連携への期待」

  • 門倉正美 日本語教育学会 副会長 (横浜国立大学)
  • 多田孝志 日本国際理解教育学会 前会長 (目白大学)
  • 箕口雅博 日本コミュニティ心理学会 常任理事・事務局長 (立教大学)
  • 佐藤郡衛 異文化間教育学会 元会長  (東京学芸大学)
  • 司会: 横田雅弘 異文化間教育学会 会長  (明治大学)

II 「夢と挑戦〜新たな地域文化の創生は可能か〜」

  • 金孝卿  日本語教育学会 (国際交流基金)
  • 中山京子 日本国際理解教育学会 (帝京大学)
  • 藤後悦子 日本コミュニティ心理学会 (東京未来大学)
  • 工藤和宏 異文化間教育学会 (獨協大学)
  • 司会: 春原憲一郎 日本語教育学会 (AOTS日本語教育センター長)
参加費 公開シンポジウム: 無料
ネットワーキング懇親会 公開シンポジウムの後、懇親会開催を予定しております。
(参加諸学会員限定 定員100名 先着順)
17:30〜19:30 明治大学リバティタワー23F「岸本記念ホール」
参加費: 一般会員 3,000円、学生会員 1,000円
※参加費は当日会場受付にてお支払いください。
なお、大変恐縮ですがおつりの出ないようご準備のほどよろしくお願いいたします。
※学生会員の方で懇親会に参加予定の場合は、受付にて学生証を確認させていただく場合がありますので、ご準備ください。
お問い合わせ先 異文化間教育学会事務局

■シンポジウムプログラム

PDF形式 ダウンロード

■シンポジウムポスター

PDF形式 ダウンロード

■シンポジウムスケジュール(リバティホール)

13:00  開会の挨拶 (参加学会の学会長のご紹介)
13:10  基調講演
「時代の変革を担う社会起業家の育成〜被災地での新たな担い手育成〜」
山内幸治氏 NPO法人ETIC 事業統括ディレクター
川崎克寛氏 つなプロ気仙沼エリアマネージャ
14:20  休憩
14:30  パネルディスカッション I
「学会の社会貢献と連携への期待」
15:30  休憩
15:40  パネルディスカッション II
「夢と挑戦〜新たな地域文化の創生は可能か〜」
  • 日本語教育学会(国際交流基金):金孝卿氏
  • 日本国際理解教育学会(帝京大学):中山京子氏
  • 日本コミュニティ心理学会(東京未来大学):藤後悦子氏
  • 異文化間教育学会(獨協大学):工藤和宏氏
17:00  閉会の挨拶

■ネットワーキング懇親会スケジュール(リバティタワー23階)

17:30  開会
17:35  異文化間教育学会会長挨拶
17:40  乾杯
17:45  ネットワーキング
18:30  学会代表者挨拶
18:40  ゲーム優勝者発表
19:30  閉会
実行委員会一同、今回の懇親会を4学会会員の今後の研究や教育の活性化につながるようなネットワーキングの場にしたいと考えております。異なる学会会員同士が会話を楽しめるようなプランを計画中です。万障お繰り合わせのうえ奮ってご参加下さい。

■各学会理事の懇親会参加予定

―日本語教育学会
尾ア明人、門倉正美、嶋田和子、柳澤好昭、春原憲一郎、中野佳代子、野山広
―日本国際理解教育学会
多田孝志
―日本コミュニティ心理学会
箕口雅博、藤後悦子
―異文化間教育学会
横田雅弘、佐藤郡衛、坪井健、工藤和宏、横須賀柳子、塚本美恵子、田崎敦子、加賀美常美代、原裕視、
國枝マリ、倉地暁美、齋藤ひろみ、白土悟、嶺井明子、宮城徹、渡部淳

異文化間教育学会創立30周年記念事業報告

■異文化間教育学会 会長 横田雅弘
  「異文化間教育学会創立30周年記念事業が成功裏に終了
▲TOP