バックナンバー

学会誌32号以降はJ-Stageで公開されています。J-Stageをご利用ください。

J-Stageでまだ公開されていないバックナンバーの目次は以下の通りです。J-stageには発刊後3年経過したものから順次、公開しています。


第54号 異文化間教育学から見る日本社会の教育格差

特集

コロナ危機と教育格差の拡大―米英の状況からみるマイノリティの教育機会と公教育の役割再考―

額賀美紗子・高橋史子


就学前教育・保育の視点から教育格差を考える―言語文化的に多様な子どもたちと接続期の支援―

内田千春


日本の教育格差と外国人の子どもたち―高校・大学進学率の観点から考える―

清水睦美


移住外国人に関する日本社会の教育格差―日本語教育・生涯学習の視点から―

山田 泉


外国籍の子どもの不就学問題と解決に向けた提案―20年間の軌跡からの問い直し―

小島祥美


外国人学校における保健と福祉―京都朝鮮学校の保健室を事例に―

呉永鎬


研究論文

外国につながる生徒の地域日本語教室におけるポジショニング―生徒の冗談発話を中心に―

孫 美那


研究ノート

実践コミュニティの視座から捉える国際交流学習の意義―カンボジアと日本の小学生による継続的交流の事例より―

海道朋美・久保田真弓


書評

『海外で学ぶ子どもの教育―日本人学校、補習授業校の新たな挑戦―』

塘 利枝子


『多文化な職場の異文化間コミュニケーション―外国人社員と日本人同僚の葛藤・労働価値観・就労意識―』

島田徳子


文献・図書紹介

『複数言語環境で生きる子どものことば育て―「まなざし」に注目した実践―』

中野千野


『外国人研修生の日本語学習動機と研修環境―文化接触を生かした日本語習得支援に向けて―』

守谷智美


第53号 異文化間教育における「日本」の再想像/創造―越境する若者の経験―

特定課題研究

異文化間教育における「日本」の再想像/創造さいそうぞう―越境する若者の経験―

渋谷真樹


日本の職場の未来を再想像/創造するための調査・実践研究―外国人社員・日本人社員が共に生き生きと働ける職場を目指して―

平井達也


「日本」を想像/創造しつづける新二世たち―グアム育ちの日本人青年のエスノグラフィー―

芝野淳一


「わたし」との協働的な「日本」の再想像/創造の試み―越境する女性たちをめぐるマルチサイテッド・エスノグラフィー―

徳永智子


〈「日本」の再想像/創造―越境する若者の経験〉を再そうぞうする

中島智子


公開シンポジウム

「ナマハゲ」と「なまはげ」―地域創生から考える異文化間教育―

阿部祐子


研究論文

TransvocalityとTranslocality―カテゴリーをめぐる相互行為的分析―

小林聡子


批判的教育学において教師が子どもの「声」を聴くということ―メアリー・コーウィーの実践記録の検討を通して―

内植松千喜


中学校段階におけるニューカマー生徒支援の課題―小中学校におけるニューカマー支援の比較分析から―

伊藤莉央


日系アメリカ人四世とルーツ探求―日本語・日本文化に関する語りに着目して―

中橋真穂


書評

『クリティカル日本学―協働学習を通して「日本」のステレオタイプを学びほぐす―』

三浦綾希子


EPAインドネシア人看護師・介護福祉士の日本体験―帰国者と滞在継続者の10年の追跡調査から―』

柴山真琴


文献・図書紹介

『「移民時代」の多文化共生論―想像力・創造力を育む14のレッスン―』

松尾知明


『多様性が拓く学びのデザイン―主体的・対話的に他者と学ぶ教養教育の理論と実践―』

髙橋美能


『海外留学支援論―グローバル人材育成のために―』

大西好宣


『外国人労働者の循環労働と文化の仲介―『ブリッジ人材』と多文化共生―』

村田晶子


第52号 外国人労働者と地域日本語教育

特集

国内における地域日本語教育の制度設計―日本語教育の推進に関する法律の成立を踏まえた課題―

神吉宇一


地域日本語教育を誰が担うのか―ブラジル系移民第二世代の日本語習得とその後―

児島 明


大阪における「識字・日本語」教育の展開―人権を基盤とする教育保障の取り組み―

棚田洋平


研究論文

外国人非集住地域におけるマイノリティ支援の制度化過程―秋田のボランティア団体の事例から―

坪田光平


外国人留学生の就職活動を通じた社会統合

郷司寿朗


「外国につながる子ども」の就学前後の接続に関する一考察―5歳児担当の保育者への質問紙調査結果の分析を中心に―

王 笑桜


実践報告

大学における社会正義のための教育にむけた試み―特権性と抑圧の理解の授業実践を通して―

青木香代子


調査報告

地域日本語教室における漢字学習支援の現状と課題

平田史織


書評

『多文化社会に生きる子どもの教育―外国人の子ども、海外で学ぶ子どもの現状と課題―』佐藤郡衛著/明石書店

野山 広


『知的障害教育の場とグレーゾーンの子どもたち―インクルーシブ社会への教育学―』堤 英俊著/東京大学出版会

照山絢子


文献・図書紹介

『移民から教育を考える―子どもたちをとりまくグローバル時代の課題―』額賀美紗子・芝野淳一・三浦綾希子編著/ナカニシヤ出版

芝野淳一


とよなか国際交流協会編『外国人と共生する地域づくり―大阪・豊中の実践から見えてきたもの―』公益財団法人とよなか国際交流協会編集 牧里毎治監修/明石書店

榎井 縁


第51号 異文化間教育における政策と研究者の役割

特定課題研究

異文化間教育における政策と研究者の役割―研究の総括―

馬渕 仁・工藤和宏・野山 広


移民政策なき日本社会における外国人支援―地域国際交流協会の提言としての実践―

榎井 縁


日本の外国人留学生受入れ政策とポスト30万人計画に向けた課題

太田 浩


多文化共生のための政策づくりと研究者の役割―識字教育政策の形成を手掛かりに―

金 侖貞


公開シンポジウム

異文化間教育とダイバーシティ:理論と実践をつなぐ―第40回研究大会公開シンポジウムの 報告を中心に―

横田雅弘


研究論文

アルバイトの目的と職種がアルバイトの肯定感に及ぼす影響―大学・大学院の中国人私費留学生の場合―

黄 美蘭


研究ノート

「日本語の問題」を越えて介護現場で発揮される能力とは―あるEPA介護福祉士候補者に とっての介護業務の意味と他者理解―

藤原京佳


調査報告

デンマークにおけるヒューマンライブラリーに関する分析―実施の形態と社会的背景に着目して―

佐藤裕紀・照山絢子


書評

『文字と音声の比較教育文化史研究』添田晴雄著/東信堂

出羽孝行


『社会科における多文化教育―多様性・社会正義・公正を学ぶ―』森茂岳雄・川崎誠司・桐谷正信・青木香代子編著/明石書店

南浦涼介


文献・図書紹介

『ことばで社会をつなぐ仕事―日本語教育者のキャリア・ガイド―』義永美央子・嶋津百代・櫻井千穂編著/凡人社

義永美央子


『外国人非集住地域のエスニック・コミュニティと多文化教育実践 ―フィリピン系ニューカマー親子のエスノグラフィー―』坪田光平著/東北大学出版会

坪田光平



第50号 東アジアの国際交流と異文化間教育―相互理解の深化をめざして―

特集

東アジアの国際交流と異文化間教育―相互理解の深化をめざして―

花井理香


常設化キャンパスアジア・プログラムにおける日中韓3言語の発達と使用―移動キャンパス1 年目終了時―

湯川笑子・清田淳子


近年の日中留学交流の動向と教育的課題

白土 悟


文化・歴史の多声性を取り入れた国際交流における学び―大学生の台湾研修を通して―

塘 利枝子


日韓姉妹校交流の意義と発展方策―韓国の高校に着目して―

出羽孝行


研究論文

多文化就労場面における元留学生社員の葛藤解決方略と規定要因―葛藤内容・労働価値観・就労意識に着目して―

加賀美常美代・小松 翠・黄 美蘭・岡村佳代


研究ノート

異文化間能力の前提、資質の類型と実証的課題―これまでの枠組みと今後の展望について―

中尾 元


調査報告

在トルコ日本人における対人行動上の困難―トルコ人との異文化交流における葛藤経験―

中野祥子・田中共子


書評

『アジア・欧州の移民をめぐる言語政策―ことばができればすべては解決するか?―』松岡洋子・足立祐子編/ココ出版

池田賢市


『大学における多文化体験学習への挑戦―国内と海外を結ぶ体験的学びの可視化を支援する―』村田晶子編著/ナカニシヤ出版

小林 亮


『異文化間葛藤と教育価値観―日本人教師と留学生の葛藤解決に向けた社会心理学的研究―』加賀美常美代著/明石書店

有川友子


文献・図書紹介

『質的研究のための理論入門―ポスト実証主義の諸系譜―』プシュカラ・プラサド著・箕浦康子監訳/ナカニシヤ出版

箕浦康子


『多文化共生―人が変わる、社会を変える―』松尾 慎編/凡人社

山田 泉


『世界はきっと変えられる―アフリカ人留学生が語るライフストーリー―』山田肖子編/明石書店

乾 美紀


第49号 政策的視点からの異文化間教育研究―課題と展望―

特定課題研究

政策的視点からの異文化間教育研究―成果と展望―

工藤和宏・小林葉子


政策的視点からの異文化間教育研究の意義と現状

工藤和宏


外国籍児童就学支援事業の構築・再構築過程

徳井厚子


外国人家族の《見えない》子育てニーズと資源仲介組織の役割―外国人散在地域におけるフィールド調査からの政策提言―

額賀美紗子


公開シンポジウム

次の世代を地域で育てる―異文化間教育の役割―

足立祐子


研究論文

スウェーデンで子育てをする日本人母親の言語に関する教育戦略―スウェーデン語、英語、日本語の3 言語の関係に着目して―

久保寺さつき


実践報告

日韓コミュニケーションの改善に向けた教材作成の試み―エンパシー効果に焦点を当てて―

長谷川典子


日本語学習者のサポーターとしての活動がもたらす日本人学生の気づき

齊藤美穂・黒田千晴


研究ノート

外国人児童の二言語力の発達と言語環境の関連―ブラジル人児童の調査から―

中村諭実子


書評

『ヒューマンライブラリー―多様性を育む「人を貸し出す図書館」の実践と研究―』坪井 健・横田雅弘・工藤和宏編著/明石書店

佐藤郡衛


『外国にルーツをもつ子どものバイリンガル読書力』櫻井千穂著/大阪大学出版会

齋藤ひろみ


『海外留学がキャリアと人生に与えるインパクト―大規模調査による留学の効果測定―』横田雅弘・太田 浩・新見有紀子編著/学文社

中川典子


Learning to Belong in the World: An Ethnography of Asian American Girls Tomoko Tokunaga/Springer Singapore

小林美文