第32回異文化間教育学会研修会

みんなで考えよう-異文化間教育研究のグローバル展開-

第32回異文化間教育学会研修会のお知らせ

研修テーマ

みんなで考えよう-異文化間教育研究のグローバル展開-

概要

異文化間教育学は、国際問題や地球規模の問題(移住、紛争、気候変動など)との関係が深く、専門家によるグローバル規模での学術的貢献がますます重要になるでしょう。また、国内外において研究者が実践者と協働して現場にかかわり、変革を目指す実践志向の研究が蓄積されてきました。しかし、異文化間教育の研究活動の国際化やグローバル展開についての知見は少なく、系統的な議論はあまり行われてきませんでした。

そもそも、グローバル展開とは何を意味するのでしょうか。国際言語としての英語を使って、国際学会・研究会、学術誌、著書、ホームページなどで研究成果を公表すれば十分なのでしょうか。あるいは、海外の研究者と研究交流をし、国際共同研究をすることでしょうか。グローバルな環境で研究活動を有意義に展開させるためには、現役そして次世代の研究者には、どのような知識や技能が必要でしょうか。そのために、学会は何をすべきでしょうか。

本研修会は、国内外で精力的に研究成果を発信している研究者と日本から世界への学術的貢献を志す大学院生の経験を頼りに、異文化間教育研究のグローバル展開の意義と課題を検討します。他の参加者とのディスカッションを通じて、個人の研究活動のグローバル展開についての理解を深めるだけでなく、異文化間教育学会が果たすべき役割についても具体的に検討します。奮ってご参加ください。

日時

2022年11月20日(日)13:30~16:30(180分)

開催方法

ZOOM(オンライン)

内容

司会:工藤和宏

1.導入と趣旨説明

2.話題提供:異文化間教育研究のグローバル展開について考える

  徳永智子「地域貢献とグローバル展開のはざまで-越境する研究者の視点から-」

  櫻井勇介「私の国際経験の意味とこれからの国際活動」

  程文娟・猿田静木「国際的な学術活動を志向する大学院生はどのような葛藤を抱えているのか?」

              質疑応答

(休憩)

3.話題提供を交えたブレイクアウトルームでのディスカッション

4.全体共有とまとめ

話題提供者:

徳永智子(筑波大学准教授)

米国メリーランド大学大学院教育学研究科博士課程修了、Ph.D.(教育学)。専門は教育社会学、教育人類学。日本とアメリカで移民の若者の居場所づくりやエンパワメントに関する参加型アクションリサーチ(PAR)に取り組んでいる。アメリカ人類学会(AAA)教育人類学部会若手研究者奨励賞、アメリカ教育学会(AERA)アジア系アメリカ人の教育研究部会最優秀博士論文賞などを受賞。主著にLearning to Belong in the World: An Ethnography of Asian American Girls(Springer, 2018年)(第8回日本教育社会学会奨励賞著書の部受賞)がある。

櫻井勇介(広島大学准教授)

マレーシア、エジプトでの勤務ののち、フィンランド、ヘルシンキ大学高等教育研究開発センター(当時)博士課程を2015年に修了。東京大学、お茶の水女子大学を経て、2022年より現職。国際的な場での学びや能力開発の経験を研究、評価して体系化することを目指している。特に大学留学生、外国語を学ぶ学習者、外国人研究者等について注目する。タイ、オーストラリアでも職務ならびに長期滞在経験がある。Journal of Research in Innovative Teaching & Learning (Emerald) 2022 Literati Award受賞。

程文娟(広島大学大学院博士後期課程)

広島大学教育学プログラム高等教育コース在籍。日本の高等教育の国際化に関心を持ち、特に博士学生の国際的な活動に着目して研究を進めている。現段階では、日本における博士学生の論文出版の言語選択とその動機付けに関する研究を計画している。今後、博士学生の国際的な活動への参加経験と彼らのウェルビーイングに関する理解を深めていきたい。

猿田静木(広島大学大学院博士後期課程)

お茶の水女子大学英語圏言語文化コース卒業後、同大学大学院人間文化創成科学研究科日本語教育コースにて人文科学修士号を取得。数年間の社会人経験の後、2022年から広島大学大学院人間社会科学研究科高等教育学コースに在籍。異文化に身を置く人々の心理に興味があり、現在は大学院生と日本語教師の二足の草鞋で日々奮闘中。

司会:

工藤和宏(獨協大学准教授、マードック大学名誉リサーチ・フェロー)

豪州マードック大学にて博士号(Ph.D.)取得。ポジティブな異文化接触の概念化と、その教育・政策面での応用を目指して研究中。その成果をEducational Research Review (Elsevier)、Studies in Higher Education (Routledge)、Higher Education (Springer)などのトップジャーナルに掲載。また、Higher Education誌を中心に100本以上の英語論文を査読。豪州国際教育協会(IEAA)Excellence Awards 2022 High Commendation(研究部門優秀賞)、マードック大学教育学研究科Murdoch Teacher Education Prize(最優秀博士論文賞)などを受賞。

定員・参加費

定員:先着50名
参加費:無料

お申し込み期間と方法

①以下のURLからお申し込みください。(先着50名)

※11月6日(日)までは異文化間教育学会の会員の方を優先します。
それ以降は、どなたでもお申し込みいただけます。

https://kokc.jp/e/2a1bf7f812f7f494110bd57522f40abf/

②参加の受付が完了した方には、研修会の参加前に、ご登録頂いたメールアドレスにZOOMの招待リンクをお送りします。

問い合わせ先

k03040[at]dokkyo.ac.jp [at]を@に変更してください。

主催

異文化間教育学会グローバル展開委員会

工藤和宏(獨協大学)・徳永智子(筑波大学)・筆内美砂(立命館アジア太平洋大学)・渡部由紀(東北大学)