第30/31回異文化間教育学会研修会

第30/31回異文化間教育学会研修会
「多様性の教育学」構築に向けた対話と研究のインクルージョン

案内
第30/31回異文化間教育学会研修会のお知らせ

研修テーマ

「多様性の教育学」構築に向けた対話と研究のインクルージョン

概要

 異文化間教育学会は、異なる文化の間で生じる教育の理論と実践に焦点を当て研究を行ってきました。今日、さまざまな場面で多様性について言及され、異文化間教育らしい営みと捉えられる実践や同じ「異文化間教育」というタームを使いながらも異なる志向性を持つ研究などが、本学会の外でも多様に展開されています。そうした本学会の外側で生み出されている「異なり」を包摂する研究・実践について、教育方法や特別支援教育、言語政策・言語教育、性の多様性に関わる研究者と対話する機会を設定しました。これにより、研究の新たな視点や今後の「多様性の教育学」構築に向けた対話と研究のインクルージョンの足がかりが得られることが期待されます。
 本研修会は、本学会の会員・非会員を問わずご参加いただくことができます。是非ご参加ください。

日時

第1回:2022年3月11日(金)19:00~21:00
第2回:2022年3月23日(水)19:00~21:00

開催方法

ZOOM(オンライン)

内容

第1回:2022年3月11日(金)

  • 特別支援教育の視点(特別支援・インクルーシブ教育):
    赤木和重氏(神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授)
  • 言語の視点(言語教育・複言語主義):
    山本冴里氏(山口大学国際総合科学部准教授)
  • 性の多様性の視点(クイア・ジェンダー):
    眞野豊氏(鳴門教育大学准教授)

第2回:2022年3月23日(水)

  • 教育方法の視点(教育方法・教科教育):
    原田大介氏(関西学院大学教育学部教授)
  • 性の多様性の視点(クイア・ジェンダー):
    渡辺大輔氏(埼玉大学基盤教育研究センター准教授)

定員・参加費

定員:会員50名(zoom)、非会員定員なし(YouTube Live)
参加費:無料

お申し込み期間と方法

以下のURLよりお申し込みください。
https://forms.gle/ksnqvKVQRTw1M3oBA

  • 会員の方につきましては、zoomでご参加いただき、当日はチャットなどでご質問いただくことが可能です。
  • 非会員の方につきましては、YouTube Liveで配信する形となります。

問い合わせ先

異文化間教育学会企画委員会(iesjkikaku[at]gamil.com [at]を @ に変えて下さい)

主催

異文化間教育学会企画委員会
渋谷恵(明治学院大学)・塘利枝子(同志社女子大学)・伊藤亜希子(福岡大学)・髙橋美能(東北大学)・南浦涼介(東京学芸大学)