2024年度 第2回公開研究会

乳幼児期に異文化間で育つとはどういうことか-複層的な視点でとらえる-

                                       研究委員会

2024年度の特定課題研究テーマは「乳幼児期に異文化間で育つとはどういうことかー複層的な視点でとらえるー」である。第一回の公開研究会では、長江侑紀会員(東京大学大学院)、田尻由起会員(筑波大学大学院)の2名が各々のフィールドワークを通して得た知見と今後の研究の方針について発表した(第一回公開研究会概要)。第二回の公開研究会では、さらに検討を重ね、乳幼児期の子どもを育てる人々を支える仕組み、環境、地域性、風土や文化における違いなどについて議論を深めていく。

登壇者

長江侑紀(東京大学大学院)

田尻由起(筑波大学大学院)

指定討論者

塘利枝子(同志社女子大学)

日時

2024年3月24日(日)13時~15時(予定)

開催方法

東洋大学赤羽台キャンパス及び Zoom によるハイブリッド開催 (要事前申込)

※Zoom参加を申し込みいただいた方には、開催日2~3日前までにZoomリンクをお送りします。

場所

・赤羽台キャンパス WELLBーHUB2 20311教室(WELLB門からお入りください。)

 交通アクセス(赤羽台キャンパスガイド) | 東洋大学 入試情報サイト (toyo.ac.jp)

・Zoom(リンクは後日別送いたします。)

申込方法

以下のGoogle Formへの入力をお願いします。

https://forms.gle/QxSh63emDLtwedoZ8

締め切り

・オンラインでの参加の場合は、ZOOMリンクをご送付する都合上、3月23日(土)17時までに申し込みをお願いいたします。

・対面参加の場合、当日参加可能です。

※本研究会の参加は、異文化間教育学会の会員に限定させていただきます。予めご了承く ださい。