2023年度 第1回公開研究会

「移動」から異文化間教育研究を展開する-象徴的移動に着目して-

 研究委員会

2023年度の特定課題研究テーマは「『移動』から異文化間教育研究を展開する-象徴的移動に着目して」である。本年度も発表者を公募し、多くの会員から応募をいただいた。本テーマへの貢献や研究方法・内容のバランス等を念頭に審査を行い、登壇者として小林元気会員、塩入すみ会員、山崎哲会員を、指定討論者として郷司寿朗会員を選出した。
今回の公開研究会では、登壇者の発表内容について会員の皆様と活発に議論し、本テーマを深める機会としたい。

主旨

これまで異文化間教育学では、移動する子ども・若者に関する研究が膨大に蓄積されてきた。それらの多くは、国家間の物理的移動に関与する海外帰国生、移民二世、留学生等を対象とし、かれらが経験する教育上の問題を明らかにしてきた。
しかし、人々が経験する移動は、物理的なものに限らない。私たちは、ある場所からある場所への移動だけでなく、ある立場からある立場、ある時からある時、ある状態からある状態への移動を日常的に経験している。これまで異文化間教育学では、このような「象徴的移動」を等閑視してきたきらいがないだろうか。無論、これらの移動は単独で経験されるとは限らず、物理的移動を含めた複数の移動が交差し合う中で経験されることもある。こうした象徴的移動を問うことの重要性は、物理的移動が制約されるコロナ禍において一層高まっているといえよう。
本特定課題研究では、この「象徴的移動」を切り口として、異文化間教育研究における移動の多様性と複雑性を捉えるための議論を展開したい。異文化間教育学会が自明視してきた「移動」という現象に着目することで、複数の文化的状況の間に生きる子ども・若者の経験に対する理解を深めることはもちろんのこと、かれらの経験をより豊かに分析・記述したり、かれらに対する教育実践の再構築を促したりすることが可能になるだろう。
また、多様な研究者が「移動」概念のもつ可能性を議論することで、学問分野間の対話や相互理解が深まり、異文化間教育学における学際性(transdisciplinary)の醸成につながることも期待さる。
このような前提を踏まえた上で、本研究会では、さまざまな象徴的移動に焦点を当てた3つの発表を起点として議論を深めていく。また、各発表を手がかりに、登壇者と参加者で意見交換を行う。会員間で象徴的移動に関する議論を重ね、人々の移動に関心を寄せてきた異文化間教育学研究の新たな展開を共に提起していくことを目指す。

登壇者およびタイトル

  • 小林元気(鹿児島大学)
    「留学経験がもたらす日本人若年層のグローバル・マインディッドネスの変容─異文化間移動の定量的分析」
  • 塩入すみ(熊本学園大学)
    「技能実習生と関わる人々の移動可能性─外国人散在地域でのフィールドワークから」
  • 山崎哲(一橋大学大学院)
    「ルーツが剥き出される場所としての学校─中国帰国者三世の移動(不)可能性に着目して」

総括討論

  • 郷司寿朗(長崎大学)

日時

2022年12月17日13時~16時

開催方法

zoom開催(要事前申込)

申込方法

https://forms.gle/TYzWAnyNpuZNM65t6

今後、2023年6月の第44回大会での特定課題研究発表に向けて、第2回公開研究会を3月に開催する予定です。合わせて、皆様の積極的な参加をお待ちしております。ご不明な点や質問がございましたら、iesj.research.2021@gmail.comまでお寄せ下さい。