2023年度 特定課題研究「公開読書会」

2023年度 異文化間教育学会 特定課題研究テーマ
「移動」から異文化間教育を展開する−象徴的移動に着目して-

公開読書会のお知らせ

研究委員会

2023年度特定課題研究では、「象徴的移動」を切り口として、移動概念の応用・発展可能性を議論し、学際的(transdisciplinary)な異文化間教育研究を展開することを目指しています。特定課題研究への取り組みの一環として、「象徴的移動」という概念やそれをめぐる議論に対する理解を深めることを目的として、公開読書会をオンラインにより実施します。どうぞふるってご参加ください。

日時

2023年2月11日(土) 16:30~18:30 (オンライン開催)

取り上げる文献

  1. Hage, G., 2005, “A Not So Multi-Sited Ethnography of a Not So Imagined Community.” Anthropological Theory , 5 (4), pp.463-475.
    [翻訳書] ハージ, G.,  (塩原良和訳) 2007,「存在論的移動のエスノグラフィ-想像でもなく複数地調査でもないディアスポラ研究につい て」 伊豫谷登士翁編 『移動から場所を問う-現代移民研究の課題』 有信堂公文社, pp.27-49.
  2. Hage, G., 2015, Alter-Politics: Critical Anthropology and the Radical Imagination. Victoria: Melbourne University Publishing.
    [翻訳書] ハージ, G., (塩原良和・川端浩平監修、前川真裕子・稲津秀樹・高橋進之介訳) 2022,  『オルター・ポリティクス-批判的人類学とラディカルな想像力』 明石書店.

当日の概要

当日は、参加者が上記の基礎文献を事前に読んでくることを前提として、「象徴的移動」、とりわけ今回の特定課題研究の鍵概念のひとつである「存在論的移動/実存的移動」に焦点を当てて議論を行なう予定です。
ご参加される際は、2つの文献について、(1)興味深かった点、(2)理解が難しかった点、(3)ご自身の研究や異文化間教育研究に応用できそうな点、を考えてきてください。これら3点について、グループに分かれて意見交換を行ないます。

申し込み

締め切り:2月9日(木)https://forms.gle/JifmzyabjcqGqMGJ8

*非会員の方もお申し込みいただけます。

お問い合わせ

iesj.research.2021@gmail.com (研究委員会)